ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中

» カートの中身を見る

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM
   
日本酒の配送と保存について



日本酒は火入れの有無により、次のように分けられます。
 
種類 火入れの状況 配送 保存方法
生酒 一度も火入れしていないお酒 クール便 要冷蔵
生詰酒 貯蔵時にのみ火入れし、そのまま出荷 普通便 冷暗所or要冷蔵
生貯蔵酒 生のまま貯蔵し、出荷時にのみ火入れ 普通便 冷暗所or要冷蔵
火入れ済み酒 貯蔵時と出荷時の2回、火入れ 普通便 冷暗所

醸造直後のお酒(生原酒)には、乳酸菌などの酵素がまだ生きており、常温で放置すると
活発に活動し、お酒の香味がどんどん変化していきます。
そこで菌の増殖を抑えるために、通常タンク貯蔵時と出荷時の2回
60〜65℃の低温加熱殺菌(火入れ)を施しています。


生酒は一度も火入れしていないため酵素が生きており、常温だと活動が活発化するため、
必ず10℃以下での冷蔵保存となります。
このため、生酒の配送はクール便必須となります。
 
生酒(クール便指定商品) 送料とは別にクール便代をご負担いただきます。
※クール便のご選択がない場合、当店でクール便代金を加算させていただきます。



生詰酒の代表格である”ひやおろし”は、蔵内が外気温とほぼ同じになる秋口に、
”ひや”(=火入れせず)のまま、”卸す”(=出荷)ことに由来します。

生詰酒生貯蔵酒は、1回は火入れされているので、最高気温が概ね25℃以下となる
秋から春にかけては常温配送でも問題ないとされており、酒蔵から当店へも普通便(常温)
での納品となっています。
生詰酒や生貯蔵酒は、ご指定がない限り、常温の普通便での配送となります。
ご自宅での保存は冷暗所もしくは冷蔵保存で、開封後は必ず冷蔵保存して
お早めに飲み切りいただくようお願いします。
 
生詰酒、生貯蔵酒 原則、普通便(常温)発送で、クール便は任意。



火入れ済み酒につきましては、ご指定がない限り、常温の普通便での配送となります。

ただし火入れ済み酒の中には一部ラベル等に”要冷蔵”と記載されたモノがございます。
(例) 梵 日本の翼、梵 特選純米大吟醸磨き3割8分、黒龍 大吟醸龍 など
日本酒は火入れされた後でも瓶内で熟成が進行し、外気温が高いとそのスピードが
上がります。

特に純米大吟醸や大吟醸などに要冷蔵の表記があるものが多く、
火入れ済でも冷蔵保存としているのは、低温保存することで熟成スピードを抑え、
蔵出し状態を長期間維持していただきたいという酒蔵の想いからです。
生酒の要冷蔵とは意味が異なり、すぐに飲まない場合は冷蔵保存が望ましいという
意味合いとなっています。
その酒蔵の願いを汲み取り、当店では要冷蔵と書かれた火入れ済み酒の在庫は
原則冷蔵保存しております。

配送につきましては、最近の運送技術の進歩もあり、普通便配送でもまず問題はなく、
当店への配送も全て普通便(常温)で入荷されるのが現状となっております。
より品質にこだわりたいお客様につきましては、任意でクール便をご選択下さい。
 
要冷蔵表記の火入れ済み酒 原則、普通便(常温)発送で、クール便は任意。



九頭龍・地酒百蔵では上記のように考えており、ご理解のほどよろしくお願いします。